2013.03.06 8:04 PM

松井玲奈、霊感体質を告白「見える人なんです」

SKE48の松井玲奈が主演を務めるドラマ「放送博物館危機一髪」(NHK総合)の会見が6日、NHK放送博物館で行われた。

前2作は全てNHK局内で撮影されたが、今回はNHKを飛び出して愛宕(あたご)の放送博物館へ。主演の座を射止めた松井さんは「緊張しましたが、素晴らしい共演者のみなさんにサポートしていただき、勉強させてもらってます」と笑顔。実は、松井さん自身かなり霊感が強い方らしく「見える人なんです(笑)。人からもらうこともあり、もらった日は塩風呂に入るようにしてます」と明かす。

秋元さんは、日光でのミュージックビデオの撮影のために宿泊したホテルでの出来事として「みんなが『気持ち悪い』と言って別館から本館に移ったんですが、私と玲奈だけ残ったことがありました」と告白したが、松井さんは「あそこもいましたよ」と笑顔で語り、秋元さんを苦笑させていた。

野際さんは放送博物館の館長を演じるが、自身も1958年から62年までNHKでアナウンサーを務めていたとあって「50年ぶりにNHKに戻ってきた感じです」と感慨深げ。霊感に関しては全く信じていないそうで、「若い頃は金縛りにしょっちゅう遭ってましたが、あれは疲れと欲求不満ですね」とバッサリ。時々、金縛りに襲われるという若い共演陣たちに対しても「絶対に欲求不満です!」と断言し会場は笑いに包まれた。

しかし、撮影では幽霊以上に野際さんを苦しめたものがあったようで…。劇中、野際さんはラブシーン(?)に「久しぶりにロマンチックな役でどうしようかとドキドキしました。家に帰って顔を見たら真っ赤になってました。恥ずかしかったのか寒かったのか…(笑)?」とふり返るが、寒さにはかなり苦しめられたよう。屋外のシーンの撮影では「(寒さで)死ぬな、と思った。ドライヤーで首を温めて死なずに済んだ。この年になると新しいドラマに入ると『終わるまで死にたくない。迷惑だろうから』というのが一番の望み」ときびきびとした口調で語り笑いを誘っていた。

ここまでシリーズを積み重ねただけあって、さらなる続編にも期待がかかるが、松井さんは「名古屋支局から赴任しているという設定なので、中継で秋元さんと繋がれたら」と希望を明かす。秋元さんは「子どもたちと一緒に踊りたい! NHKの素敵な番組を通してまたできれば」と期待を寄せていた。

「放送博物館危機一髪」は3月30日(土)0:25より放送。

スポンサード リンク
SKE48 LIVE!! ON DEMAND

写真集

雑誌

DVD/Blu-ray

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930